テナガザルの話

夜にバングラ通りなどを歩くと、トカゲや蛇、テナガザルなどを持った人を見かけます。観光客と写真を撮らせて利益を得ています。

こういう見世物用の子供のテナガザルは親を殺して手に入れます。またテナガザルは大きくなると人の言うことを聞かないため、大きくなると捨てられるか殺されます。

プーケットにはテナガザル(Gibbon,ギボン)の保護施設があり、たくさんのテナガザルが保護されています。見世物用や違法に捕獲したものを保護したものです。

ここのギボンの保護施設は観ることが出来ますし、ツアーでも行くことが可能です。関心を持っていただければ野生保護の一歩になります。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です