スリン島ーSurin Islandsー

ひさしぶりにスリン島に行ってきました。
今回はあまり時間が無かったのですが、Droneを持って行きました。

このスリン島は、自然保護で観光客が行けるのは1年のうち7ヶ月間のみです。

朝方、待ち合わせ場所に桟橋までの乗り合いバスが来てくれます。
そこから桟橋まで1時間半位。朝早いので酔い止めを飲んで爆睡でした。

1.桟橋ではまず受付。観光客の方はホテル名と名前を聞かれます。
DSC_0112
2.隣のカウンターでシュノーケルマスク、フィン、タオルを借ります。
 失くすと実費を払わなければなりません。経験からフィンは借りません。
 タオルを貸してくれるのは珍しい(さすがSea Star)

3.パンとソフトドリンク、屋外にはタイのおかゆがあります。(無料です)

4.酔い止めも置いてあります。忘れた方はもらっておきましょう。

5.トイレを済ませ、そんなことをしているうちに呼ばれます。

ボート数が多いので間違えを防ぐためにラバーバンドを渡されます。今回はブルーチーム。
DSC001361
乗船後すぐにスタッフの紹介と注意事項(英語とタイ語)があります。英語がわからなくてもなんとなく・・・
要は「スピードが出ているときは事故を防ぐため座っているように」「トイレに行きたかったら手を挙げてくれ」そんな感じです。

・スピードを上げ始めると、かなりジャンプするときがあります。スタッフは気を使って揺れの少ない状態のところを進みます。

ボートは運転席の後ろの部分に20人ほどが座れる屋根のある部分と、運転席の前のほうに12人ほど座れる屋根なしの部分があります。前は爽快感はありますが、日に焼けるのとジャンプしたときに落差があります。うしろは少し暑いかもしれません。

いちばんのお薦めは船外機のすぐ前。

90分ほどでスリン島に到着です。

今回は先にモーガンビレッジの近辺でシュノーケルです。入ったとたんきれいなサンゴ礁と魚の豊富さ。絶景です。

ライフジャケットなしでもOKですが、泳げてもジャケット着用のほうがはるかに安全です。ジャケットは2種類あります。股下にも2本コードを通すようになっているジャケットを見つけてください。

40分くらい泳いだ後、地元のボートに乗り換え、島に住んでいる方々のいるモーガンビレッジを訪れます。
DSC_0124
場所を変えてランチと昼休み。
ランチの場所のすぐ近くにマングローブの林があるのですが、そこに30㎝位のサメが数匹住んでいます。

 

午後にもう2本潜って帰ってきました。


ピピ島やラチャ島に比べると遠いですが、その分自然がまだ残っていてきれいな海と島々を楽しめました。
ビーチの近くにテント張って、宿泊するプランもあるので次回は是非2泊ばかり試してみたい。
ちなみにこの島は、部分的に携帯も通じます。

・Phuket Gold Travel スリン島スピードボートツアー(10/16~5/15)