サクヤン -タイの刺青-

サクヤンというのはタイのイレズミのことです。

イレズミと聞くだけで中には拒否反応を示す方もいらっしゃると思います。

タイのサクヤンは有名な方だとアンジェリーナ・ジョリーが左肩にファイブクロー(5本の爪あと)といわれるサクヤンと腰にトラのサクヤンを入れています。

タイで入れられたもので、彫った方は何人もお弟子さんが居る有名な方です。4369aabaefad6-angeljoliex2x8
サクヤンは日本でいうお守りのような役目を果しています。

入れるときは仏教に由来する儀式の中で行われます。手彫りで彫っていきますが、今は先端は医療用のステンレスの針をお客さん毎に換えて使用しますし、インクも使いまわしはしないので感染リスクはほとんどないと思います。

痛みは機械彫りも手彫りも同じです。

サクヤンを入れるツアーも行っています。ただし彫師の方は、世界中飛び回って入れている先生なので、先生がプーケットに居るときでないとお受けできません。

興味があればホームページを覗いてみてください。

サクヤンツアー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です