トイレの話

タイのトイレ事情なのですが、タイの昔のトイレはこんな感じでした。
images1

いまでも古い家やお寺などではこんなところがあります。用をするときは扉側に向かってします。用が終わったら手酌にすくった水でおしりを洗って、水もそれで流します。紙は流してはいけません。いままで何回もタイに旅行していますが、私がこのタイプに遭遇したのは、チェンマイのお寺で1回きりです。タイのスタッフの実家はこのタイプだと言っていました。

日本と同じで洋式が圧倒的に増えています。
images3

横にあるシャワーみたいなのでお尻を洗って、トイレットペーパーでふき取って、使った紙はゴミ箱に捨てます。タイの下水道事情と紙から、トイレットペーパーは詰まってしまうことがあるそうです。個室の中に大きめのゴミ箱があったり、注意書きがあるところは紙を流してはいけません。シャワーの水圧が場所によって弱かったり、とんでもなく強かったりする場合があります。慣れないとびっしょり濡れることもあります。

旅行者の方が古いタイ式のトイレに遭遇する確率は低いと思いますが、シャワー式はどこへ行ってもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です