ワットプラケオ詐欺

これもタイに初旅行の時でした。

バンコクのワットプラケオに行きたいと思って、トゥクトゥクに乗りました。門の近くで下ろされ、暑かったのでドリンクスタンドで水を購入したら、そこの店主が「いまはワットプラケオは閉まっている。開くまでどこか他へ行ってきたら」と言ってきました。

なんて親切なんだと思って、店主が呼びとめたトゥクトゥクに乗って、違うお寺に行きました。お寺が終わると頼んでもいないのにスーツの仕立屋と宝石店に連れて行かれ、ワットプラケオに帰ってきました。

興味がなかったので何も買いませんでしたが、ドリンクスタンドのおやじとトゥクトゥクのドライバーに小遣いが入る仕組みです。

こういう小遣い稼ぎはタイ全般で行われています。タイに行ったときに土産物屋に連れて行かれたら、連れて行った者にお金が入る仕組みです。

これ自体は悪いことではないと思います。自分もプーケットでタクシーに乗った時に「土産物屋に寄っていいか?」と聞かれることがあります。急いでなければ、それで運転手に数バーツ入るならいいや、と思って寄ることもあります。

ワットプラケオはほとんど休みはありません。

いつか同じドリンクスタンドに行って、同じことをやっていたらリベンジするつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です